FC2ブログ

東海タナゴ研究会 活動ブログ

≫ EDIT

11月2日(日)にみかげの森でシンポジウムを行いました!

11月2日に,シンポジウム「里川の生きものと農業」をみかげの森「プラザしもたど」で開催しました.
下池地域の生物多様性保全活動と農業を通じた持続可能な未来のあり方について,
地元住民や県内外からの参加者約60名の方々と意見交換を行うことができました.

当会代表による「身近な魚と農業」,
桑原一浩さん(岐阜県農政部)による「岐阜県における水田魚道の現状」,
栗田欽弘さん(株式会社CAF)による「本当に魚を増やしている田んぼ」と題した講演に続き,
水田魚道やお米作りなどについての質疑応答などが行われました.

そして…今年6月に水田魚道を設置し,メダカが増えた田んぼで収穫した米,
「生物多様性保全米 本当に魚を増やしている田んぼのお米」のお披露目をしました!!

10月27日に行われた湧水保全全国フォーラムで,
この取り組みを秋篠宮さまにご説明させていただいのですが,
お披露目の中で参加者に報告すると,会場から驚きの声が上がりました.

下池の活発な取り組みが,地域活性化と全国的な生物多様性保全をすすめるきっかけになってほしいと願うばかりです.


「生物多様性保全米 本当に魚を増やしている田んぼのお米」は道の駅などで販売中!
売り上げの一割が全国の淡水魚保全団体の運営に寄付されます.
webでも販売準備中です.
詳しくはtoukaitanago★gmail.com(★を@に変えて送信ください)か,0584-73-6682
までお問い合わせください.

(牧野暁世)

20141102シンポジウム写真
スポンサーサイト


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 南濃町 生物多様性保全米 |
| 活動報告 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月25日にタナゴの里で里川体験教室を行いました!

5月25日(日)に,岐阜県海津市南濃町庭田にある,生物多様性保全農園「タナゴの里」で里川体験教室を行いました.
今回で6回目となるこのイベント.
お天気にも恵まれ,おかげさまで,200名以上の方にご参加いただきました!
(新聞社やテレビ局の方には150人って言ってしまいましたが,あとから参加者名簿を確認したら,それより多いことが判明しました….情報が錯綜していてゴメンナサイ!)

農園近くにあるため池でのタナゴの産卵に必要な二枚貝類の放流を行った後,
地元の畑の先生のご指導による枝豆の種まき体験と,地元産のもち米を使った五平餅やお餅などを参加者のみなさんに味わっていただきました.
まずは,放流会の写真を一枚.
二枚貝を投げ入れた水面に波紋ができています.
当日の詳しいもようは,別の記事でご報告したいと思います!

P5250242-1.jpg


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 環境教育 菰野町 南濃町 池干し・放流 観察会 池干し サトガワキカク 里川体験教室 調査・研究 |
| 活動報告 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月23日に下池ビオトープで池干し体験を行いました!

2月23日(日)に,下池西部まちづくり協議会,下池地域農地・水・環境保全管理組合,東海タナゴ研究会,西濃農林事務所による共催で,岐阜県海津市南濃町にある下池ビオトープで池干し体験を行いました.
これは,里川の生きものを守るための「池干し」を参加者のみなさんに体験してもらい,地域の宝物に気づき,保全活動に関心を持ってもらおうというイベント.
今回は池干し「体験」ということで,魚採りが十分にできるよう事前にフナなどを隣の水路で捕まえ,ビオトープに放しておくなど準備をすすめてきたのですが,何分寒い時期なので参加者が集まってくれるか心配…だったのです…

そして当日の早朝.
下池地域農地・水・環境保全管理組合の理事長からお電話.
「めちゃくちゃ寒いよ!池に氷がはっとる!!」

ひ,ひえ~
子供たち,来てくれなかったらどうしよう…と心配が募るばかりでしたが,
イベント開始前から,会場にはたくさんの方々が集まってくださいました!

地域,地元企業,海津市猟友会,岐阜県の職員の方々も会場設営を行ってくださり,
スムースにイベント開始です.
下池西部まちづくり協議会,下池地域農地・水・環境保全管理組合の理事長から開始の挨拶をいただき
東海タナゴ研究会から魚採りのレクチャーをし,みんなで池にゴー!

P2230459.jpg

イベント最中にも参加者はどんどん増え,ビオトープは200人近くの人でぎゅうぎゅうの状態に…
子供たちは一生懸命網を使って魚を採ってくれました.
若いお父さんも子供たちの面倒を見ながら頑張ってくれました.

P2230484.jpg

採れた魚はフナ,コイ,ドジョウなど.
フナは400匹近く採れたそうです!

P2230483.jpg

その後,東海タナゴ研究会の北島さんと西田さんによる,魚の説明が行われました.
この地域では日頃淡水魚を食べる習慣があり,モロコ寿司などは地元の名物料理.
さらに,日本に3箇所ほどしか棲んでいないウシモツゴの貴重な生息場所でもあるそうです.
しかし,現在は料理にはモロコではなくほとんどがモツゴが使われ,ウシモツゴは絶滅危惧種に指定されています.
地域の大切な生きものの現状を伝えると,時折,へえ~という声が群衆から湧き上っていました.

P2230538.jpg
P2230529.jpg

下池ビオトープでのイベントも回を重ねるごとに,皆さんにたくさんお会いできるようになって本当にうれしいです.
1時間程度の短い体験でしたが,地域を考えるきっかけになること,そして,
このビオトープが将来的にウシモツゴやタナゴ類など貴重な生きものの保全池になり,持続可能な地域づくりにつながることを願っています.

この後,開催された2月23日に海津市みかげの森で下池地域の生態系保全シンポジウムの様子も次のブログで紹介したいと思います.

ご協力・参加いただきましたみなさん,今回もありがとうございました!

(牧野 暁世)


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 環境教育 池干し 南濃町 ビオトープ |
| 活動報告 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月8日に大槌町のフォーラムで当会代表が発表を行いました!

2月8日(土)に,大槌町教育委員会いわて県民計画アクションプラン「イトヨ湧水調査研究事業」調査会 主催による,フォーラム「大槌町の郷土財 湧水からのまちづくりに向けて」が開催され,住民による大槌の宝を活かしたまちづくりに向けてと題して,当会代表の北島が発表を行いました.
このフォーラムは大槌町の貴重な地域資源である湧水と,そこに生息する生物多様性と保全活動を通じて,復興後のまちづくりを考える機会として開催されたもので,当会からはこれまで複数回に渡る,大槌町のみなさんへの聞き取り調査や社会調査から得られた結果を報告しました.
まちづくりに重要な,イトヨやサケなど「地域の宝」や愛着についてお話したところ,会場の参加者の方々は興味を持って聞いてくださったようでした.会場には,研究者だけでなく,町民のみなさんも多数集まっていただき,聞き取り調査に協力してくださった方にも再会することができ,胸が熱くなる思いがしました.
まちづくりの計画には,様々な困難があると思いますが,未来に向けて,研究者は町民の方々と一緒になって,取り組んでいかなければと,強く感じました.
ご参加いただきましたみなさん,開催に尽力された先生方,みなさん,お世話になり,ありがとうございました.
今後ともよろしくお願いいたします.


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 調査・研究 普及・啓発 |
| 活動報告 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月18日に第7回全国タナゴサミットin美浦が行われました!

1月18日(土)に,茨城県美浦村中央公民館で,土浦の自然を守る会,エコミュゼ美浦,タナゴ集会 主催「第7回全国タナゴサミットin美浦(霞ヶ浦)~みんなで考える水辺の将来像~」が開催されました.
渡辺勝敏先生(京都大学)の基調講演「淡水魚の保全と放流~本当に魚を戻すために~」をスタートとして,全国からの報告,美浦村からの報告,タナゴ類保全に関するトピック,ポスター発表などが行われました.
東海地方からは東海タナゴ研究会が「多様な主体による水環境管理の構築~都市住民も主体的に関わるタナゴ保全~」を発表させていただきました.

P1180354-1.jpg

ポスター発表では,「持続可能な地域に向けた生物多様性保全ブランディング 岐阜県南濃町『生物多様性保全農園タナゴの里』の事例」を紹介させていただきました.
里川体験教室をはじめ,ブランドを作っていくために欠かせない,ロゴマークやPRの方法などについて報告しました.

P1180362-1.jpg

P1180363-1.jpg

その中で,都市住民を巻き込むツールとして期待しているのがこれ.
南濃町で採れた農産物と加工品,それからメンバーが長い時間あっためてきた,オリジナルのタナゴや里川のことがわかる学習まんがです.
農産物などは「タナゴの里のおくりもの」シリーズとして,これから売り出そうと考えていますが,今回は試作品.
来場された方にお持ち帰りいただきました.
まずまず好評?だったように思えますが,遠方からいらっしゃった方には小さくて軽いジャムの方が人気があったようです.
東海地方出身の私は大きくて重いもち米が皆さんに喜ばれると思ったんですが…商品開発の道のりはこれからですね~.

P1180370-1.jpg

P1180369-1.jpg

P1180365-1.jpg

当日は100名以上の方に来場していただき,タナゴ保全に関わる様々な議論が活発に行われました.
13時に開場し,サミットが終了したのは18時近く…その後も懇親会では終わらない談義があちこちで繰り広げられました・
翌日はエクスカーションとして舟に乗り込み,漁師さんが網を引き揚げてくれ,採れた魚に触れる貴重な機会をいただいたのですが,その報告は次のブログで紹介したいと思います!

(牧野 暁世)


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 全国タナゴサミット |
| 活動報告 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT