FC2ブログ

東海タナゴ研究会 活動ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高塚溜放流会準備-魚類と二枚貝類の回収作業-

2月20日(月)
翌日の21日は、先月田光地区の方々と池干しした高塚溜に同地区の小学生たちによって、避難させてあった生物を戻す放流会が行われます。
前日である20日、私たちは池に戻す魚類と二枚貝類の回収作業にとりかかりました。
まずは魚類の回収から。
池干し時に採集された魚類は、近くの集水ます(下流の田畑へと流す水を一時的に貯めるタンクのようなもの)に避難させてありました[写真.1]。

写真.1 集水桝v2
[写真.1]

まずはこのますに流れ込む用水を止めるために、流量調節用のバルブを閉めました[写真.2.3]。

写真.2 バルブ閉めるv2
[写真.2]

写真.3 流量調節バルブv2
[写真.3]

同時に流入元である上流の用水路も塞いで、できる限り水を遮ります。
さらに、ます自体の水を抜くために最下部に設置されている排水バルブを開けました。
この時、排水口から魚が逃げるのを防止するために、網をおいて流下させないようにしました[写真.4]。

写真.4 排水口にカゴ網設置v2
[写真.4]

ます内の水位が30~40cm程度まで低下したら、いよいよ魚類採集の開始です[写真.5]。

写真.5 集水ます内にて魚類の回収v2
[写真.5]

タモ網を用いて、30分程度でほぼすべての魚類を採集することができました。
魚類を取り終えた後は、ます内部に設置してあった流下防止用の、枠状の網をはずして作業完了です[写真.6.7]。

写真.6 枠状の網v2
[写真.6]

写真.7 取り外しv2
[写真.7]

なお、採集した魚類はすべて種類毎に分け、個体数を記録しました。

次に二枚貝の回収作業です。
こちらは以前にも書きましたが、ため池上流の水路にて一時避難させてあったのでそれを回収しました[写真.8]。

写真.8 二枚貝回収v2
[写真.8]

避難させてあった二枚貝はすべて回収できましたが、これもひとえに水路を管理しておられる職人さんが作ってくださった、流下防止ネットのおかげです。
明日の放流会では、子どもたちにこの二枚貝を放流して(ぶん投げて)もらいます( ̄O ̄;)。

(西田 翔太郎)
スポンサーサイト


facebook 登録しました!
イベントや活動の情報発信をしています。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
東海タナゴ研究会|facebook

twitter 登録しました!
東海タナゴ研究会所属、アブラボテの「ぼてくん」が気ままにつぶやきます。
フォローよろしくお願いいたします☆
ぼてくん@東海タナゴ研究会

| 高塚溜 池干し 放流会準備 調査・研究 池干し・放流 |
| 活動報告 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |